プロフィール

Author:ヒゲオヤジ
東京の西側に住んでいるアラフォーオヤジです。

相互リンク大歓迎!
気軽にコメントお願いします。

カレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

飼育日数(魚)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作カルシウムリアクター (2)本体部製作編

お待たせしました。
自作カルシウムリアクターの製作を紹介します。
といっても、製作過程でほとんど写真を撮らなかったので、簡単な紹介になります。
詳しく知りたい人は、他の方のブログ等を確認してくださいねw

まずは、すのこ。
適当な数の小さな穴を開けた3mm厚のアクリル板から65mmホルソーを使って、円盤状に切り出します。
008_convert_20100220230437.jpg

つぎに下駄になる部分。
20ジョイントを使いました。
適当に穴を開けます。
012_convert_20100220230815.jpg
穴が汚いのは気にしないでくださいw

このふたつを接着するとこんな感じになります。
019_convert_20100220230912.jpg

これで、フィルタのすのこの出来上がりです。

つぎは、リアクター本体の下側の製作です。
65掃除口のネジ部分にシールテープを2~3周巻いてねじ込みます。
003_convert_20100220231057.jpg

さらに漏水防止に弾性接着剤を塗り付けます。
005_convert_20100220231209.jpg
ちょっと、気泡が入りましたが良い感じです^^

これ以降、製作途中の写真がありません^^;

この掃除口と65ジョイントを塩ビ接着剤を使って接着します。
写真はありませんが、ここにも漏水防止に弾性接着剤を塗りつけました。

出来上がったものに、ポンプ吸い込み口と給水&CO2取り込み口を付けます。

ポンプ吸い込み口は、ポンプ高さに合わせて、φ18の穴を開けます。
給水&CO2取り込み口は、下穴を開けてタップでネジを切ります。
これで、下側部分の完成です。

つぎは、いよいよアクリルパイプの接着です。
アクリルパイプとジョイントに塩ビ接着剤をたっぷり塗りつけて、体重を掛けて押し込みます。

割れないか心配しましたが、無事成功しました^^

そして、ここにも漏水防止の弾性接着剤を!

つぎに、上側部分ですが、まずは、掃除口とジョイントを接着します。

あ、下側と違って、掃除口のネジ部分は接着しないでくださいね。
メディアが入れられなくなりますから。
って、そんなことする人いませんよねw

ポンプの排水口は、アクリルパイプと合体後に開けます。
なぜかというと、配管をすべて塩ビパイプで組むので、下側の穴位置と垂直に開ける必要があるからです。

ということで、早速、アクリルパイプと合体!
もちろん、塩ビ接着剤と弾性接着剤を使ってね(*^_^*)

そして、釣り糸と錘を使って、下側のφ18の穴位置と垂直な位置を出して、φ18の穴を開けます。
掃除口の蓋の部分には、リアクター排水メールコネクタ用のネジを切ります。

これで、本体側の加工&組みたては、ほぼ完成♪

長くなったので、今回はこの辺で

次回は、配管製作編
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。