プロフィール

Author:ヒゲオヤジ
東京の西側に住んでいるアラフォーオヤジです。

相互リンク大歓迎!
気軽にコメントお願いします。

カレンダー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

飼育日数(魚)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2漏れの原因

CO2の漏れ箇所がやっと分かりました。
それは、写真の赤○で囲った部分。
010-1_convert_20100523214558.jpg

そう、電磁弁のコネクタ部分からです。

先日の記事のコメントで、ハナアレジーさんにアドバイスを頂き、ハードチューブの切り口を直角に切り直してみたんですが、一向に漏れが止まりませんでした(>_<)
これ以上、漏れ箇所が分からないまま小細工をしても長期戦になるだけで意味ないと思い、さえぱぱさんアドバイスの石鹸水で漏れ箇所を探すことにしました。

で、漏れていたのは、電磁弁のコネクタ部分だったというわけです。

早速、新しい電磁弁を買ってきました。
006_convert_20100523220740.jpg
AI.netのヒートレス電磁弁

普通の電磁弁でも良かったんですが、価格差があまりなかったのでこっちにしました。

設置後
004_convert_20100523220831.jpg

設置した昨日夕方から現在まで、CO2の減りは見られないので、これで漏れ騒ぎは終了かな。


昨日、ショップに行った理由はこれだけではなく、実は本命があったんです。
それは、○agicに取り置きしていた生体の受け取り。
HPで12時の開店を確認し、12時半過ぎにショップに行くと閉まってます。

しょうがないので、先にナチュに寄って電磁弁を購入。
そして、1時過ぎに再度向かうがまだシャッターが。
電話を入れるが、留守。

しょうがないので、食事をすませに・・・。
で、2時前に再々度向かうが変化はなし。
その後、何度か電話するが、こちらも留守。

でなんだかんだで、2時40分ぐらい。
平日の開店は午後3時のようだが、ホントに開店するか分からないので、帰ることにした。

帰る道すがら、電話が・・・。

出てみると

M:『○agicです。何度も電話貰ったみたいですが・・・』
自分:『取り置きしていた生体を受け取りに伺ったんですが、店閉まってたので電話しました』
M:『うちは3時からです』
自分:『え!12時じゃないんですか。HPに土日は、12時開店と記載されてましたが』
M:『うちは、日曜祝日以外は、ずっと3時です』
自分:『でも、HPには12時と書いてありましたが』
M:『それは間違ってる。PC不調でどうしようもない』
自分:『あ、そうですか。でももう帰ってる途中なんですが』
M:『それじゃあ、キャンセルで良いですね!』
自分:『・・・。はい』


というやり取りがあり、電話が切れました。

これって、3時開店を知らなかった自分が悪いんでしょうか?
そもそも、PC不調になったの最近なんだから、ずっと3時でやっているんであれば、修正しておくべきでは

そして、HPに間違いを載せて、それでお客が迷惑したんだから、謝罪の一言があっても良いのでは

あ~あ、2時間無駄な時間を過ごした上に、嫌な気分になりました。
確かに安かったけど、パープルファイアーは別の店でも買えるので、嫌な気分をしてまで、この店で買う必要はありません。
買い物は、気分良くしたいものです。

二度とMa○ic行きません!!



スポンサーサイト

ええっ!

一昨日、リアクターを設置しましたが、昨日帰宅時に見るとボンベが空になってました^^;
使用途中の物だったからと思い、新品に交換して、残圧を確認すると7MPa。
本日帰宅して確認すると6.5MPa程度。
問題ないようです。

と、しばらくすると、みるみるうちに残圧が減っていきます。
で、電磁弁が閉じた22時には、1Maに!!

いくらなんでも、早すぎでしょ

CO2の添加は、1~1.5滴/1秒だから、いくらなんでも64gのボンベが1日で無くなるわけがありません。

と思います^^;


つまりは、配管から漏れてる!?
ちなみに、排水のPH7.8、KH5.8でした。
全然、KH上がってないし(>_<)


巧くいかないですね(T_T)




リアクター設置

やっと、重い腰をあげて、リアクターを設置しました。
012_convert_20100509173511.jpg

配線がぐちゃぐちゃですけど、気にしないでくださいw

青いケースは、万が一の水漏れにそなえて。

以前の記事の中で、負圧が足らなく給水出来なかったのを報告しましたが、配管を組み直して無事給水しました(^O^)/

全体写真・・・。


取り忘れました^^;


それでは、前回の全体写真と変更した配管部分の写真で紹介します。

前の形
008_convert_20100215001130.jpg

このポンプ部分をこんな感じに組み直しました。
003_convert_20100509192202.jpg

本体下側にあったCO2と給水のメールコネクタを配管部分に変更しました。

形は、カッコ悪くなりましたが、どうせ見えないし良しとしましたw

CO2関係は、ケンシロウさんのプレゼント企画に当選した一式を使用しました。

ケンシロウさん、設置遅くなりましたが、何とか稼働できました。
本当にありがとうございました。


稼働前に、水槽のPHとKHを測ると、8.2と5でした。
やっぱり、KHが低いですね^^;

とりあえず、CO2は1滴/秒、排水も同じぐらいにしたんですが、時間が経つと止まってしまいます(>_<)
で排水は2滴/秒ぐらいにとりあえず設定しました。

とりあえず、これで1日様子を見て、排水のPHとKHを測定して、微調整したいと思います。
って、これで良いんですよね?
リアクター使用している方、間違ってたら教えてください。

これから、この水槽がどう変化するか楽しみです♪

自作カルシウムリアクター (2)本体部製作編

お待たせしました。
自作カルシウムリアクターの製作を紹介します。
といっても、製作過程でほとんど写真を撮らなかったので、簡単な紹介になります。
詳しく知りたい人は、他の方のブログ等を確認してくださいねw

まずは、すのこ。
適当な数の小さな穴を開けた3mm厚のアクリル板から65mmホルソーを使って、円盤状に切り出します。
008_convert_20100220230437.jpg

つぎに下駄になる部分。
20ジョイントを使いました。
適当に穴を開けます。
012_convert_20100220230815.jpg
穴が汚いのは気にしないでくださいw

このふたつを接着するとこんな感じになります。
019_convert_20100220230912.jpg

これで、フィルタのすのこの出来上がりです。

つぎは、リアクター本体の下側の製作です。
65掃除口のネジ部分にシールテープを2~3周巻いてねじ込みます。
003_convert_20100220231057.jpg

さらに漏水防止に弾性接着剤を塗り付けます。
005_convert_20100220231209.jpg
ちょっと、気泡が入りましたが良い感じです^^

これ以降、製作途中の写真がありません^^;

この掃除口と65ジョイントを塩ビ接着剤を使って接着します。
写真はありませんが、ここにも漏水防止に弾性接着剤を塗りつけました。

出来上がったものに、ポンプ吸い込み口と給水&CO2取り込み口を付けます。

ポンプ吸い込み口は、ポンプ高さに合わせて、φ18の穴を開けます。
給水&CO2取り込み口は、下穴を開けてタップでネジを切ります。
これで、下側部分の完成です。

つぎは、いよいよアクリルパイプの接着です。
アクリルパイプとジョイントに塩ビ接着剤をたっぷり塗りつけて、体重を掛けて押し込みます。

割れないか心配しましたが、無事成功しました^^

そして、ここにも漏水防止の弾性接着剤を!

つぎに、上側部分ですが、まずは、掃除口とジョイントを接着します。

あ、下側と違って、掃除口のネジ部分は接着しないでくださいね。
メディアが入れられなくなりますから。
って、そんなことする人いませんよねw

ポンプの排水口は、アクリルパイプと合体後に開けます。
なぜかというと、配管をすべて塩ビパイプで組むので、下側の穴位置と垂直に開ける必要があるからです。

ということで、早速、アクリルパイプと合体!
もちろん、塩ビ接着剤と弾性接着剤を使ってね(*^_^*)

そして、釣り糸と錘を使って、下側のφ18の穴位置と垂直な位置を出して、φ18の穴を開けます。
掃除口の蓋の部分には、リアクター排水メールコネクタ用のネジを切ります。

これで、本体側の加工&組みたては、ほぼ完成♪

長くなったので、今回はこの辺で

次回は、配管製作編

自作カルシウムリアクター (1)

DIYでカルシウムリアクターを作ったことは、以前、記事にしましたが、まだ設置には至っておりません。
それはハードチューブの長さが足りないからw

製作過程を今後記事にしていきたいと思います。
手が空いている夜中にちょこちょこ作ってたので、製作途中の写真はほとんどないんですがw

完成品は、こちら

008_convert_20100215001130.jpg

前回から、少し変わったところがありますが、分かりますか?




























正解は、底に黒いアクリル板を付けました。
マキシの下にはゴムシートもひいてます。

まずは、製作に掛かった費用を公開したいと思います。

・MJ-1000                      3,380円
・アクリルパイプ(外径φ76厚さ3長さ450)   1,885円
・65掃除口                431×2    862円
・65ジョイント                78×2   156円
・13ユニオン               490×2    980円
・13給水栓ソケット                     60円
・13エルボ                          38円
・SCジョイント                       113円
・メールコネクタエルボ         235×2   705円
・アクリル板                        640円
・ゴムマット                          80円
・フィルター                         265円

これ以外にも、13HIパイプ適量、すのこ用のアクリル板と20ジョイントも使いましたが、これは手持ちがあったので、計上してません。

さて、合計金額は・・・・

なんと、9,164円!

1万円でお釣りが来ますw

ただし、材料代だけだとこんなもんですが、送料や製作に必要な工具類を入れるとゆうに1万円を超えます(爆)

まあ、それでも既存のリアクターを購入するよりは安いです^^


リアクターが欲しいと思っているそこのあなた!

リアクター欲しいけど高くて迷っているそこのあなた!

『Let’s DIY!!』

水漏れは自己責任ですけど・・・。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。